急に子どもの具合が悪くなったとき

 診療時間内であればかかりつけの病院を受診しましょう。
 診察時に経過や病状を話せるよう観察するポイントを知っておきましょう。
 ①熱の経過   何日 何時頃 何度あったか
 ②熱以外の症状 嘔吐 下痢 咳 発疹 機嫌 食欲はどうか

休日・夜間における急病の相談

こども救急電話相談 看護師による応急的な対処方法等に関する助言と情報提供
受付時間 毎日19時から翌朝8時
電話(プッシュホン回線・携帯電話) ♯8000
電話(ダイヤル回線・公衆電話) 017-722-1152
医療機関紹介電話(板柳消防署) 電話 0172-73-2339
津軽地域小児救急医療体制
 夜間や休日に、子どもが急病になったとき、小児科医の診察が受けられるように、広域で小児救急医療体制を整備しています。

■一次救急(外来)
弘前市急患診療所(弘前市大字野田2丁目7-1 弘前総合保健センター1F)
電話 0172-34-1131

【夜間診療】
診療日:毎晩
診療受付時間:午後7時から午後10時30分まで
診療科目:内科・小児科

【休日診療】
診療日:毎週日曜日・祝日・8月13日・年末(12月31日)年始(1月1日から1月3日)
診療受付時間:午前10時から午後4時まで
診療科目:内科・小児科・外科

※まずは、弘前市急患診療所で診察を受けます。入院などが必要な場合は二次救急の病院に紹介します。

■二次救急(入院)
 国立病院機構弘前病院・弘前市立病院・津軽保健生活協同組合健生病院・国立病院機構青森病院の4病院が毎日交替で対応します。
※弘前市急患診療所などで診察の結果、さらに検査や治療が必要なお子さんや、弘前市急患診療所受付時間外の時間帯に病気になったお子さんを診察します。
 なお、当日担当の小児救急二次輪番病院は、(板柳消防署)電話0172-73-2339にお問い合わせください。

■三次救急(高度医療)
 二次病院では対応できない重症の場合、弘前大学医学部附属病院(小児科)が対応いたします。
交通事故による外傷など外科治療が必要な場合は、この制度の対象外となりますので、外科のある医療機関で診療を受けることになります。

■休日在宅当番医院
【診療科】
内科、外科系、耳鼻科、眼科、歯科
休日在宅当番(外部サイト)及び歯科休日在宅当番(外部サイト)をご覧ください。
 休日在宅当番(外部サイト)
 弘前急患診療所
 http://www.hirosaki.aomori.med.or.jp/ht_99/index.htm
  
■歯科休日在宅当番(外部サイト)
弘前歯科医師会
http://www.hirosaki.or.jp/

■緊急時に役立つ知識のリンク集
日本医師会 救急蘇生法(外部サイト)
http://www.med.or.jp/99/
おかあさんのための救急&予防サイト「こどもの救急」(外部サイト)
http://kodomo-qq.jp/