ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

工芸館

工芸館

《楽しさ、おいしさ、美しさを作るりんごの創作工房。》

  

工芸館ではりんごのユニークな才能や、意外な可能性を見ることができます。りんご草木染、りんご菓子、林寿、陶芸の4つの工房があり、見学や創作体験ができます。工房で作られた製品の販売も行っています。

※現在コロナウイルス対策として、体験学習の営業時間の変更や事前予約が必要なコースもございま 

 す。お手数ですが詳細については総合案内所までお問合わせください。 

「陶芸」工房  定休日:月曜日・金曜日

《りんごの木の灰で、りんご色の器を。》

 

この工房では板柳町の地場産業である「ばんりゅう焼き」を製作しています。釉薬にりんごの木の灰を用いているところが大きな特徴で素朴で温かみのある色合いが魅力です。根気のいる工程を経たあと、窯の中で土と火と釉がさまざまな変化をおこし、思いもしない色に焼き上がることもあり、そこが大きな楽しみでもあります。

「りんご菓子」工房 定休日:火曜日・土曜日 

※受付は体験日2日前の15時までとなります。

《アップルファイバーをたっぷり使って。》

 

りんごからジュースを搾汁後、乾燥させて作ったアップルファイバー(りんご繊維)を練り込んだ、おいしくて健康的なお菓子を作っています。アップルファイバーは新鮮で良品質なりんごから作られているため、質もよく、からだによい働きをすることが医学的にも実証されています。

 

「林寿(りんじゅ)」工房 定休日:水曜日

《りんごの強さ、美しさを編む。》

 

りんごの木の皮1本1本ていねいに編みあげていく「林寿」は、りんご栽培農家の主婦の手によって作り出されたユニークな民芸品です。昭和56年には県観光土産品審査会で県知事賞を、また、第17回全日本中小企業総合見本市では中小企業庁長官賞を受賞。全国的な商品価値をもつ名産品として高い評価を得ています。

「りんご草木染」工房 定休日:木曜日

《りんごのやさしさを染め上げる。》

 

りんごの葉や枝をじっくり煮こんで自然の色をそのまま染め上げます。精練・染液づくり・濾過・下染め・水洗い・媒染・本染め・陰干しと根気がいる作業を繰り返す工程の中で、火と水という原始的な力も加わり、ひとつひとつにオリジナルな個性が生まれます。そこにりんごならではのやさしい色合いが息づきます。

ホームへ 先頭へ