ナビゲーションをスキップして本文へ

ホーム > 観光案内 > ふるさとセンター > りんごプレイゾーン

ここから本文です。

りんごプレイゾーン

遊び方、自由自在。大人たちが、むかし遊んだ野原を再現。

見渡せばりんご畑。川が流れ、可憐な草花が風に揺れて。お子様も大人の方も楽しめる、自然いっぱいの遊び場を目指しました。素朴。だから贅沢。思い思いにくつろいでいただきたい、緑ゆたかなプレイゾーンです。

所在地

〒038-3690

青森県北津軽郡板柳町大字福野田字本泉34-6

地図

電話番号:0172-72-1500 (8時00分~19時00分)

ファクス:0172-72-1050 (24時間)

メール:ita-furusen@town.itayanagi.aomori.jp

りんごショップ1(喫茶室)

りんごのお菓子など、りんごを使ったメニューをご用意しております。

りんごショップ2(喫茶室)

りんごのデザートや飲み物を準備。見学のあいまにどうぞ。

モニュメント広場

広場の中心にあるモニュメントは”2つのりんご”を表現しており、空間と人に調和・ゆとり・自由をコミュニケートし、りんごの町、板柳のあたたかさや未来への広がりを象徴しています。広場の下には、せせらぎ河川へと流れ出る水場があります。

せせらぎ河川

せせらぎの音は、いつも人の心をリフレッシュさせてくれます。芝生のじゅうたんのあいまをぬって清らかな川が流れ、その周りでは世界の珍しい山野草が風に揺れています。

グリーンプラザ

青々とした緑の芝生の上で、思いきり遊んだり、寝そべったり、ゆっくりおくつろぎいただきたいスペースです。せせらぎの音や山野草のほのかな香りがいっそう心地よさを誘います。

マメコバチの丘

板柳町では、りんごの花の受粉に花から花へと飛び回るマメコバチの習性を利用しています。マメコバチはアシガヤの巣筒の中に卵を産み育てています。マメコバチマンションは、そんなマメコバチたちの家です。

ニュートンのりんごの木

このりんごの木は17世紀、ニュートンが万有引力を発見した際のエピソードに登場するりんごの木の子孫にあたる「フラワー・オブ・ケント」という品種のりんごです。英国国立物理学研究所から東京小石川の東大理学部附属植物園に贈られた接ぎ木から、さらに接ぎ木されたものです。

ホームへ 先頭へ