ナビゲーションをスキップして本文へ

ホーム > しごと > 就農案内 > 町独自の支援制度

ここから本文です。

町独自の支援制度

研修制度

林檎まるかじり塾

りんご産業発展を担う人材育成のため青年農業者研修を実施しています。

対象者

板柳町民で原則45歳未満の農業者

研修期間

約2年間

研修内容

栽培基礎、せん定、摘果、病害虫駆除、接ぎ木、土壌管理、育種、経営、販売研修 など

 

※現在、28名の方が研修に取り組んでいます。

支援制度

認定新規就農者住宅賃貸料補助金

認定新規就農者に対する最長2年分の家賃補助

対象者

18歳以上45歳未満の認定新規就農者(親元就農者を除く。)

条件

青年等就農計画の農業経営開始日から起算して2年以内の期間にあること

交付額

家賃月額✕1/2(最高月額2万円)

認定新規就農者研修資金補助金

認定新規就農者が農業経営に必要な技術と経営手法を習得するための各種研修に要する経費に対して助成する。

対象者

18歳以上45歳未満の認定就農者

条件

青年等就農計画の農業経営開始日から起算して2年以内の期間にあること

交付額

対象経費の2/3(上限13万3千円)

認定新規就農者農地貸借料補助金

青年等就農計画の認定の有効期間のうち、町内農地の農地貸借料の補助(契約期間3年以上のもの)

対象者

次の(1)、(2)の要件をすべて満たすこと

(1)板柳町に住所を有する18歳以上45歳未満の認定新規就農者(親元就農者を除く。)

(2)町内の農地で農業経営を3年以上継続して行う者

交付額

次の(1)、(2)のいずれか少ない額に1/2を乗じた額(上限10万円)

(1)補助対象経費の実支出額の合計

(2)当該契約により借用し、または借用しようとする農地面積に板柳町賃借料、板柳町農地貸借料情報の賃借料平均額を乗じて得た額

ホームへ 先頭へ