町の紹介

板柳町紹介

●所在地 〒038-3692 青森県北津軽郡板柳町大字板柳字土井239-3
 TEL:0172-73-2111/FAX:0172-73-2120
 
●位置と町勢  板柳町は青森県の西部津軽地区の中央に位置し、四季の変化に富む典型的な日本海型の気候を有す。
 総面積41.88平方キロメートルのほとんどが平坦地で、西は岩木山、東は十川の間にあり、それら水系の分厚く発達した沖積世の堆積物は、りんご園・水田としての利用に適した生産性の高い豊かな平野を形成している。
 村落への開拓は文禄・慶長年間(1592~1615)といわれ、津軽藩の城下に近く岩木川きっての良港を有していたことと、以北で唯一の渡し場が設けられたことにより百貨集参地として急速に発展し大集落が形成され隆盛を極めたが、宝暦4年(1754)、当時藩主より突然の「商売差し止めの令」が発せられ、加えて明和の大震災に遭い、しだいに衰えていく。
 昭和30年に、板柳町、小阿弥村、沿川村、畑岡村の一町三ヶ村の合併により「板柳町」を制定し現在に至る。 平成17年度国調人口16,222人。
 
●りんご  青森県のりんごの歴史は、明治8年に時の内務省からアメリカ産の苗木3本が配布されたことから始まる。
 翌年には当板柳町でも試験栽培され、その栽培技術のたゆまない研究と努力により明治30年代にかけて栽培者は増え続け、今日のりんご産業の隆盛をもたらす基礎となる。
※りんごの生産高 全国100万t 青森県50万t 板柳町2.5万t ※学校給食に「りんご」がついた場合、一人は「板柳町」のりんごを食べています。

《りんご灯まつり》 りんご灯まつりは、豊作を祈る町民の願望から生まれたもので、メインとなる「りんご山笠」の提灯は、たわわに実るりんごを表しています。この真夏の2日間は力強い大太鼓のリズムと共に「ノレサ!ソレサ!」の掛け声が夜おそくまで響きわたります。 ◆会期:8月8日~10日